正当な賠償は法律事務所へ

交通事故での怪我が後遺症として残ってしまった場合には、後遺障害等級に認定してもらうように申請しなければなりません。

そしてその等級に応じた損害賠償を支払って貰うことも大事です。

ただし気をつけなければならないのは、後遺障害等級などで検索して貰えれば分かると思いますが、支払い基準がいろいろあります。

そして損害賠償を支払って貰うにあたって後遺症 法律事務所に依頼することで支払い基準が高い裁判所基準を目指すことが出来ます。

基本的には弁護士が介入しないで裁判基準というのは難しいですから大事なことになってくるのです。

Posted in 交通事故 at 2月 18th, 2014. コメントは受け付けていません。.

葬儀の費用について

交通事故の損害賠償には慰謝料、治療費、逸失利益、休業損害などさまざまなものがあります。

死亡事故となったときには、交通事故 葬儀費用も常識の範囲内で認められます。

また、慰謝料でも通常の怪我での傷害慰謝料と後遺症が残って、後遺障害に認定された場合の後遺障害慰謝料があります。

もっと細かい点を言えば入院したら、入院したさいに発生する雑費なども賠償請求できますから、損害賠償で示談に保険会社が来た時には漏れがないか確認することも大事です。

弁護士に依頼できるのであれば、弁護士に確認して貰うのが一番わかりやすいかもしれませんね。

Posted in 交通事故 at 1月 26th, 2014. コメントは受け付けていません。.

脳への後遺障害

交通事故で怪我をするといっても、怪我の状態、症状はさまざまです。

骨折などをする場合もあれば、むちうちになるなどもあります。

また、頭に強い衝撃を受ければ脳に障害が残ることもあります。

高次脳機能障害 交通事故では後遺障害として認められますから、その症状によって後遺障害の認定を貰うことも大事になってきます。

脳への損傷、脳からの命令伝達神経の損傷などは大変な状況になることもあります。

生活が困難、仕事をするにも集中出来ないなど様々な影響を及ぼしますから、損害賠償でのお金というのは非常に重要になってきます。

Posted in 交通事故 at 12月 19th, 2013. コメントは受け付けていません。.

交通事故における働ける年齢

交通事故で後遺症を負った場合に逸失利益という収入の減少を賠償するものがありますが、この収入の減少分の逸失利益を計算するさいには、逸失利益 就労可能年数も考えます。

就労可能年数というのは、基本的には18歳から67歳までということになりますから、その時の年齢から67歳まで何年あるのか、また18歳になっていない場合には18歳から考えます。

もちろん大学生などの場合には卒業する年齢から算出することになります。

だだし、67歳を超えている方が実際に働いているなどの事実がある場合には67歳以上の方でも逸失利益が認められる場合もあります。

Posted in 交通事故 at 11月 24th, 2013. コメントは受け付けていません。.

将来までの請求

交通事故での後遺症は後遺障害等級に認定されることで損害賠償なども算出されるようになります。

この等級は後遺障害 1級から後遺障害14級まであり、1級がもっとも後遺症の度合いが重いということになります。

1級というのは働くことも困難というよりも働ける状態ではなく、中には介護が必要な状態になることがあり、損害賠償の請求時には将来の介護費用なども含めて請求することが大事です。

また生活するために器具などが必要な場合は、器具には耐用年数がありますから、そのぶんも見据えて将来の請求を忘れないようにすることも大事です。

Posted in 交通事故 at 10月 26th, 2013. コメントは受け付けていません。.

詳しく見てみよう

治療費、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、休業損害、逸失利益などなど交通事故で怪我をした、後遺症が残ったと言う場合にはさまざまな項目があります。

交通事故 損害賠償はいろいろあり過ぎて、実際に示談をするさいに項目を見てもなんの賠償なのか分かりにくいのではないでしょうか。

上記にあげた以外にもいろいろあるわけですから、素人が見ても本当にきちんと漏れなく賠償されているのか分からないと思います。

相手はプロだから大丈夫だろうと思ってはいけません。

そういうときにはやはり弁護士などに相談してみましょう。

きっちりとした賠償額の算出など行ってくれますよ。


Posted in 交通事故 at 9月 21st, 2013. コメントは受け付けていません。.

子供の付添

小学生のころに耳鼻科によく通う子供だったのですが、小学3年生ぐらいから一人で通うようになりました。

バスに乗って行く必要があったのですが、毎回バスに乗るたびに間違ったバスに乗っていないか不安を憶えながら通っていたのを思い出します。

交通事故で病院通いが必要となったときに子供については交通事故 通院付添が普通に認められています。

付添が必要なので付添の人が仕事が出来なかったり、他のことが出来ない不利益がありますから損が賠償の対象になってきます。

もちろん小学3年生は付添の範囲内ですし、通ったことがない病院に1人で怪我をした状態で通わせる親はいないですよね。

Posted in 交通事故 at 8月 24th, 2013. コメントは受け付けていません。.

収入の損害賠償

交通事故の損害賠償の中には仕事に関する賠償もあります。

ひとつは休業損害と言われるもので、怪我で入院、通院などで仕事が出来ない期間が発生した場合にそのぶんを賠償するものです。

また、後遺症が残った場合には後遺症のせいで将来的に仕事の能力喪失が考えられるために逸失利益というものが発生します。

逸失利益 交通事故で後遺症が残り、後遺障害等級に認定されることで支払われるようになります。

交通事故は現在や将来的な収入にも影響をあたえることにもなりますので、賠償を請求する場合も相手の言う金額で納得するのではなく、専門家の相談してみることも大事です。

Posted in 交通事故 at 7月 27th, 2013. コメントは受け付けていません。.

交通事故の相談

もしも交通事故で後遺症を負ったときには、後遺症に関する損害賠償にするために後遺障害等級に認定して貰うことが必要になってきます。

そして後遺障害に認定されたからといって、損害賠償が妥当な金額になるのかというとそうではありません。

相手が加入している保険会社の担当などが交渉に来ますが、その交渉自体は会社の独自の基準でしか損害賠償をしないようになっています。

交通事故 法律相談が必要になってくるのは、こういった独自基準が本当に妥当な金額なのかということを相談することでも必要になってくるのです。

裁判などを行った場合には、相当な金額差がありますから重要なことですね。

Posted in 交通事故 at 6月 28th, 2013. コメントは受け付けていません。.

基準の違い

交通事故の損害賠償というものにはある程度基準というものがあります。

当然基準もなくただ被害者が要求するぶんだけを支払うとなると、ばらつきが出てしまうだけでなくあまりにも不当な金額を要求されてしまうということもありますから、過去の事例から基準がおおよそ定められています。

後遺症が残った場合というのは高額になりやすいのですが、これも裁判基準なのか保険基準なのかで大きく異なってきます。

後遺障害 13級を例にしてみてみると慰謝料の部分では裁判基準では180万円で、保険基準では57万円という金額になります。

裁判基準が圧倒的に高いのですが、保険会社などは保険基準をもとにしていますから交渉でまとまらないなどが出てくるわけです。

やはり弁護士に依頼するなどが必要になってくるのではないでしょうか。

Posted in 交通事故 at 5月 28th, 2013. コメントは受け付けていません。.