病院通いの時

小学生のころに耳鼻科によく通う子供だったのですが、小学3年生ぐらいから一人で通うようになりました。

バスに乗って行く必要があったのですが、毎回バスに乗るたびに間違ったバスに乗っていないか不安を憶えながら通っていたのを思い出します。

交通事故で病院通いが必要となったときに子供については交通事故 通院付添が普通に認められています。

付添が必要なので付添の人が仕事が出来なかったり、他のことが出来ない不利益がありますから損が賠償の対象になってきます。

もちろん小学3年生は付添の範囲内ですし、通ったことがない病院に1人で怪我をした状態で通わせる親はいないですよね。

 

Posted in 交通事故 at 8月 26th, 2014. コメントは受け付けていません。.

後遺症の賠償交渉

交通事故で後遺症が残った場合には弁護士に依頼することも大事です。

後遺症が残った場合には損害賠償も高額になってきますが、実際には後遺症 保険会社などが提示してくる金額と言うのは、裁判基準と比べるとかなりかけ離れた金額になりますから、弁護士の力が必要になってくるのです。

当然ながら弁護士ではなく被害者が直接交渉しても裁判基準での示談などはありえませんので、なかなか示談に納得いかない状況が産まれてしまいます。

他のホームページなどを見ると分かると思いますが、倍以上違うということもざらにあるのです。

ですから弁護士の力が必要になってくるのです。

 

Posted in 交通事故 at 7月 25th, 2014. コメントは受け付けていません。.

役員の収入算出

会社には社外取締役といった、社内に在籍しているわけではないけど役員になられている方もいます。

こういった方の場合には普段はその会社にとって大きな労力を割くほどの仕事はしていない場合がほとんどです。

しかし役員報酬といったものが発生するために、その方の収入になるわけですが、そういった方が交通事故で休業損害がどのように発生するのかということですが、休業損害 役員の方の場合には実際の労働部分で入ってくるもののみ賠償の対象となります。

ですから労力がほとんどなく、役員報酬が入ってくるものなどは、労力分のみが休業損害の対象になりますので、ほとんど入ってこないということにもなります。

 

Posted in 交通事故 at 6月 26th, 2014. コメントは受け付けていません。.

後遺症の度合による計算

交通事故の損害賠償の中には逸失利益というものがありますが、これは後遺症が残った場合に後遺症のせいで仕事の能力も喪失している部分があると判断されるため、そのぶんの損害賠償になります。

これは仕事で働ける期間の賠償になりますから、年齢や実際の収入が高ければ当然賠償額も相当な高額になることが考えられます。

逸失利益 計算は労働能力喪失率という後遺症の度合いによって決まっている数値を使うことになりますから、後遺症がどの程度なのかという後遺障害等級の認定が必要になります。

等級によって労働能力喪失率が決まっているわけです。

 

Posted in 交通事故 at 5月 27th, 2014. コメントは受け付けていません。.

参考にするべきものは

交通事故の事例など様々なホームページに掲載されていたりしますよね。

中には弁護士事務所などのきちんとしたところもあれば、運営者が良く分からないところなどもあったりします。

交通事故 相互リンクなどでも色々みることが出来ますが、やはり実際にきちんとした運営を行っているところのホームページを参考にすることが大事です。

古い情報などを鵜呑みにしてしまうなどは危険なことでもあります。

交通事故というのは、とかく加害者側と被害者側で損害賠償などで揉めることも多いですから、きちんとしたところに依頼するなども必要なことかもしれませんね。

Posted in 交通事故 at 4月 28th, 2014. コメントは受け付けていません。.

何故弁護士の力が必要なのか

交通事故では被害者と加害者が発生する事故が多くありますが、被害者が怪我を負うと人身事故という扱いにかわります。

そうなると怪我の賠償が発生してきますが、怪我で後遺症が残ると損害賠償も完治する怪我と比べて多大な金額に変わります。

例えば後遺障害 11級であっても慰謝料だけで420万円にもなります。

ただし、これは裁判基準での慰謝料であるため、自賠責保険などでは135万円と大幅に下がってしまうので注意が必要です。

もちろん任意保険などでも420万円もの慰謝料を提示することはありませんので弁護士などの力が必要になってくるでしょう。

 

Posted in 交通事故 at 3月 26th, 2014. コメントは受け付けていません。.

正当な賠償は法律事務所へ

交通事故での怪我が後遺症として残ってしまった場合には、後遺障害等級に認定してもらうように申請しなければなりません。

そしてその等級に応じた損害賠償を支払って貰うことも大事です。

ただし気をつけなければならないのは、後遺障害等級などで検索して貰えれば分かると思いますが、支払い基準がいろいろあります。

そして損害賠償を支払って貰うにあたって後遺症 法律事務所に依頼することで支払い基準が高い裁判所基準を目指すことが出来ます。

基本的には弁護士が介入しないで裁判基準というのは難しいですから大事なことになってくるのです。

Posted in 交通事故 at 2月 18th, 2014. コメントは受け付けていません。.

葬儀の費用について

交通事故の損害賠償には慰謝料、治療費、逸失利益、休業損害などさまざまなものがあります。

死亡事故となったときには、交通事故 葬儀費用も常識の範囲内で認められます。

また、慰謝料でも通常の怪我での傷害慰謝料と後遺症が残って、後遺障害に認定された場合の後遺障害慰謝料があります。

もっと細かい点を言えば入院したら、入院したさいに発生する雑費なども賠償請求できますから、損害賠償で示談に保険会社が来た時には漏れがないか確認することも大事です。

弁護士に依頼できるのであれば、弁護士に確認して貰うのが一番わかりやすいかもしれませんね。

Posted in 交通事故 at 1月 26th, 2014. コメントは受け付けていません。.

脳への後遺障害

交通事故で怪我をするといっても、怪我の状態、症状はさまざまです。

骨折などをする場合もあれば、むちうちになるなどもあります。

また、頭に強い衝撃を受ければ脳に障害が残ることもあります。

高次脳機能障害 交通事故では後遺障害として認められますから、その症状によって後遺障害の認定を貰うことも大事になってきます。

脳への損傷、脳からの命令伝達神経の損傷などは大変な状況になることもあります。

生活が困難、仕事をするにも集中出来ないなど様々な影響を及ぼしますから、損害賠償でのお金というのは非常に重要になってきます。

Posted in 交通事故 at 12月 19th, 2013. コメントは受け付けていません。.

交通事故における働ける年齢

交通事故で後遺症を負った場合に逸失利益という収入の減少を賠償するものがありますが、この収入の減少分の逸失利益を計算するさいには、逸失利益 就労可能年数も考えます。

就労可能年数というのは、基本的には18歳から67歳までということになりますから、その時の年齢から67歳まで何年あるのか、また18歳になっていない場合には18歳から考えます。

もちろん大学生などの場合には卒業する年齢から算出することになります。

だだし、67歳を超えている方が実際に働いているなどの事実がある場合には67歳以上の方でも逸失利益が認められる場合もあります。

Posted in 交通事故 at 11月 24th, 2013. コメントは受け付けていません。.